新上五島町
鯨賓館ミュージアム
Geihinkan Museum
LastDateUp : 2017/1/1
Since 2004/12/23



1F展示 / 2F展示 / 図書コーナー / その他の展示

1F

1階展示室には鯨をテーマとした各コーナーがございます。

有川湾の捕鯨のコーナーでは、古式捕鯨業時代の長崎県の鯨組、有川の鯨組、鯨の供養塔などのパネルや古式捕鯨時代に使用された包丁や銛などを展示しています。
有川湾で江戸時代捕鯨が行われていた様子が描かれた「肥州五島鯨突之絵図」は千葉県の黒汐資料館に所蔵されている新上五島町にとって大変貴重な絵図です。この絵図には、鯨を捕獲する時の4つの場面が一枚の絵に描かれています。この絵に描かれた八は有川鯨組の旗印、また絵に描かれた案中島や弁財天宮なども有川湾であることを表しています。その絵図をもとに簡易アニメーション化し、綱取り式捕鯨の様子をわかりやすくご覧いただけます。
近代捕鯨のはじまりでは、東洋捕鯨株式会社設立の時に関わった、有川にゆかりの深い、原眞一、萬一郎親子をパネルで紹介しております。ここには、東洋捕鯨株式会社の3代目社長であった原萬一郎氏が使用した応接セットを展示しています。籐を巻いているように見える部分がすべて鯨のヒゲ板を加工して作られたものです。これは日本でも一つしかない、世界でも珍しいものではないかと考えています。
母船式捕鯨業のコーナーでは、尖頭銛や平頭銛、鯨を解体するときに使用した包丁など、商業捕鯨期に使用された道具類を展示しています。最後の南氷洋捕鯨の映像「捕鯨に生きた男たち」も見ることができます。
鯨の生態のコーナーでは、7種類の鯨類の100分の1模型を展示し、セミクジラのヒゲや長須鯨の耳骨、ミンク鯨の顎骨などを展示しています。
ミニシアターでは、「鯨の詩」として、鯨の泳いでいる姿をみながら、くつろげるスペースとなっております。ミニシアターに置かれてイスは体感振動マシーンを使用しています。映像の音に反応して振動するモードや、マッサージモードなど自由に変えられます。どうぞ癒しの時間をお過ごしください。

2F

2階展示室では、2つのコーナーの展示を行っています。1つは上五島の教会コーナー、もう一つは横綱佐田の山関のコーナーです。

上五島には29の教会があります。29の教会を紹介するパネルや教会建築に功績のある本町(魚目地区)出身の鉄川與助氏の設計図や愛用の大工道具などを展示しています。
本町(有川地区)出身の第50代横綱佐田の山関のコーナーでは横綱の化粧まわしや優勝の盃、技能、敢闘、殊勲賞のカップなどがあります。また、佐田の山関の現役時代の相撲の映像もご覧いただけます。

図書コーナー


写  真 説  明
図書閲覧コーナー
館内だけの閲覧となります。
鯨関係、教会関係、文化史、図鑑、子供向けの絵本や学習本などを揃えてますので、ご利用ください。
DVDコーナー
デスクトップパソコン等、館内貸出用DVDがございます。ご利用になりたい方は、スタッフまで申し出てください。
その他
クジラのパズル、クジラの折り紙もありますので、自由に遊べるスペースとなっています。
ミュージアム内1F


その他の展示(ミュージアム外展示)


@
A
B
【ミンク鯨の骨格標本と実物大模型】 【捕鯨砲】 【クロー】
C
D
E
【ザトウ鯨のモニュメント】 【イルカのモニュメント】 【くじらロボット"せみ丸"】
1F




鯨賓館ミュージアム・ホール Geihinkan Museum Hall
E-mail:geihinkan@town.shinkamigoto.nagasaki.jp